けいおんの秋山澪も愛用のMacはこれ!
MacBookWhite
秋山澪MacBookWhiteを使う


ドクターヘリ North Angelを応援します

沖縄ドクターヘリ サポート団体 MESHのHP
http://www.meshsupport.net/




一台でWindows XP、Vista、Windows7にも対応!
AppleStoreでMacをゲット!!


madeonmac




にほんブログ村 PC家電ブログ Macへにほんブログ村   にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へにほんブログ村

2014年07月01日

子供達の問題全ては、俺たち大人から

いじめかばう女児を暴行 三河の公立小、担任制止できず
↑中日新聞より。

いじめを制止しようとした担任の目の前でどうどうといじめを続ける小学3年生の児童たち。

俺たち昭和生まれの人間からするとありえないことだ。

これも全て、モンスターペアレンツを始めとする俺たち大人たちの責任だ。
子供達は大人に怒られないことをいいことに、大人を馬鹿にしてその目の前で好き勝手なことをする。
教師が手を出そうものなら、PTAに言いつけるなどして脅迫する。
昭和の頃なら明らか子供達に問題があるなら、ゲンコツのいっぱつもおとして、悪いことは悪いこととしてしっかりとしかる。
親達も自分の子供達が悪いことをしたのだから教師のゲンコツにも文句は言わない。
それが当たり前だった。
でも今はそれが出来ない。

ハッキリ言っておくが、子供達は大人が叱ればけっこう素直に言うことを聞く。
嘘じゃない。

俺自身これまで4回、知らない子が悪さをしてるのを叱ってきた。
そのうちの1回は、中学生10人くらいがたむろしてお菓子を食べ散らかし、そのリーダー格らしき子はふんぞり返ってタバコをすっていた。
そのリーダーにツカツカ詰め寄って、片付けさせる様に睨みつけて言いつけたら全員意外と素直に片付け始め、それからはそこにたむろしない様になった。

悪いことをしたら大人に怒られる。
大人を怒らせたら怖い。
だから怒られない様にしよう。

そういう当たり前の流れを取り戻さないといけない。

子供を叱った教師が罰せられる、学校が訴えられる。
そういう馬鹿なことを防がないといけない。

「悪いことをした子供は怒られて、罰されて当然」

これがあるべき一般常識だ。

全ての大人達よ、全ての親達よ。
そのことを心に刻み、怖い大人の自分を無くしてはいけない。
posted by たいじゅ@音森の館 at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

YosemiteとiOS8

このあいだ発表されたOS X 10.10 Yosemiteと、iOS8。
この二つによってより一層両者のシームレスな連携が実現するらしい。

俺の様にApple製品でかためている人間にとっては喜ばしいことだが、実際の連携はどうなんだろう?
すごく気になるところだ。

とりあえず Yosemiteを入れようと思ってはいるが、内蔵HDのパーティションを切って検証用ボリュームに入れようと思った矢先にトラブルでパーティションが切れない。
しょうがないので初期化かなこれは・・・・。

各情報
OS X 10.10 Yosemite の情報をみる

iOS 8 の情報をみる
posted by たいじゅ@音森の館 at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac・iPhone・iPad・Apple関連
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

2013年10月17日

Apple サイトの歩き方 サポートページ編 サポート電話予約

iPhone5C、5Sが発売されて話題性の面では相変わらず揺るぎないNo1 のApple。
あまりの人気に、ついつい乗り換えてみた人も多い様です。
そしてその操作性の良さにパソコンもAppleにしちゃった、って人も続々増えているそう。

お久しぶりです、自他ともに認めるApple信者なたいじゅ@音森の館です。
かなりご無沙汰の更新です。
新しくApple製品を買ってみたはいいけど、使い方やトラブルの解決など自分では難しい事ってありますよね。
慣れてるユーザーであればいろいろ自分で調べて直しちゃうんでしょうけど、慣れない間はやはりサポートに電話して助けてほしいと思うのは自然な事。

そこで今回はAppleのサポート電話の予約方法について動画にしてまとめてみました。
自分でかけてもなかなか繋がらないときってやっぱりあるわけですが、予約しておけば多少のズレはありますが
繋ぎっぱなしで待ち続ける必要は無いので楽です。
特に、バッテリーの消耗の激しいスマホなんかは無駄な通話時間を減らしてバッテリーの無駄遣いも減らせるので一石二鳥です。



posted by たいじゅ@音森の館 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac・iPhone・iPad・Apple関連
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

2013年03月30日

CANON PowerShot SX50HS で オスプレイを撮ってみた

今日は普天間へいってオスプレイを撮ってきた。
以前撮りにいったスポットはあまりにも遠くて、デジタルズーム併用でようやく見えるかどうかという感じだった。
今回は別の場所から撮影。
けっこうよく撮れたので、苦労した甲斐があった。

まずはズラリと並んだオスプレイ。
これはまだ一部。
Osprey_1.jpg

ほぼ正面から。
Osprey_solo.jpg


コクピット付近。
Osprey_solo_2.jpg

プロペラ部分。
折り畳まれてます。
エンジンにはカバーがかかってた。
Osprey_pera.jpg


降りようとしたらおっこちてしまった・・・・。
2mくらいだったのでたいした怪我にはならなかったけど、背中をしたたか打って痛かった・・・・。
手をちょこっと怪我しました・・・。
(T~T)
kega1.jpg

kega2.jpg


やっぱりいい写真を撮るにはまずいいポジション撮りが第一だな、うん。
posted by たいじゅ@音森の館 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

2013年03月29日

うーん、SONY からも 50 倍ズーム機が登場!?

ちょと前に、SONY からも 50 倍ズーム搭載機が発表された。
そのだいぶ前になるけど、富士フイルムからも 同様に 50 倍ズーム機が出ていた。

先駆けである我らが CANON の SX50 HS に対し、後発のこの 2メーカーの追い上げはやはり油断ならない。
で、同等の項目は抜いて、かつ比較可能な項目をいくつか抜き出してみると以下になった。
【有効画素数」
CANON SX50 HS が、1,210 万画素
FUJIFILM FinePix SL1000 が、1,620 万画素
SONY DSC-HX300 が、2,040 万画素

【F値】
CANON SX50 HS が、F3.4〜F6.5
FUJIFILM FinePix SL1000 が、F2.9〜F6.5
SONY DSC-HX300 が、F2.8〜F6.3

【シャッタースピード(スペック上の最大〜最小)】
CANON SX50 HS が、15〜1/2,000
FUJIFILM FinePix SL1000 が、30〜1,700
SONY DSC-HX300 が、30〜1/4,000

【最短撮影距離(マクロのモード切り替え時、レンズ先端より)】
CANON SX50 HS が、0 cm(スーパーマクロ)
FUJIFILM FinePix SL1000 が、1 cm〜
SONY DSC-HX300 が、1 cm〜

【静止画の記録フォーマット】
CANON SX50 HS が、JPEG、RAW、RAW + JPEG
FUJIFILM FinePix SL1000 が、RAW、RAW+JPEG
SONY DSC-HX300 が、JPEG、MPF(3D 静止画)

【動画の記録フォーマット】
CANON SX50 HS が、MOV(画像:H.264 、音声:リニアPCM stereo)
FUJIFILM FinePix SL1000 が、MOV(画像:H.264準拠 、音声:リニアPCM stereo)
SONY DSC-HX300 が、AVCHD

【最高感度】
CANON SX50 HS が、6,400
FUJIFILM FinePix SL1000 が、12,800
SONY DSC-HX300 が、12,800
【液晶 サイズと解像度】
CANON SX50 HS が、2.8インチ 46.1万 ドット
FUJIFILM FinePix SL1000 が、3.0 インチ 92万 ドット
SONY DSC-HX300 が、3.0 インチ 92,1万ドット


【液晶の可動性】
CANON SX50 HS が、縦横へ可動
FUJIFILM FinePix SL1000 が、固定(非バリアングル)
SONY DSC-HX300 が、縦へ可動

【フィルター装着】
CANON SX50 HS が、OK(67 mm 径)
FUJIFILM FinePix SL1000 が、無し
SONY DSC-HX300 が、OK(55 mm 径)

と、かなりスペック的にはSX50 HS を上回っており、かなり悔しい限りだ。
なんせ SONY といえば、放送業界の記録機器のスタンダードといってもよい位置を占める企業でもある。
利用者の口コミはどうなんだろ・・・・・と思っていろいろ検索してみると、SX50 HS と比べると今ひとつシャープさに欠ける画作りらしい。

俺個人としては、富士フイルムと SONY はどっちも大きなリングでフォーカスなどを制御できるのがうらやましいところだ。
ここは次世代機で搭載して欲しい。
他にもいろいろ要望はあるけど、それは CANON のサイトから直接要望を送っておいた。

SX50HSのバリアングルの自由度の高さは特筆もので3メーカーの中で唯一でもあり、俺がずっと CANON 一択の理由でもある。

負けるな、CANON !!!
ろエールを送りつつ、今回はしめくくることにする。
posted by たいじゅ@音森の館 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる













Apple Store(Japan) 




Apple Store(Japan) 








広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。