けいおんの秋山澪も愛用のMacはこれ!
MacBookWhite
秋山澪MacBookWhiteを使う


ドクターヘリ North Angelを応援します

沖縄ドクターヘリ サポート団体 MESHのHP
http://www.meshsupport.net/




一台でWindows XP、Vista、Windows7にも対応!
AppleStoreでMacをゲット!!


madeonmac




にほんブログ村 PC家電ブログ Macへにほんブログ村   にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へにほんブログ村

2009年05月22日

一日往復120Kmの車通勤で気がついた事

先日、会社へ出勤する為に車を運転していた。
すると、雨が降って来た。
まいったなぁ、と思っているといつのまにか止んでいた。

そしてしばらく走っているとまた降り始め、そして止んだ。

ん?


と思い、何気なくその間隔をチェックしてみると・・・・

約1Kmがキーポイントだった。

降り始めて、約1Km過ぎるとガラっと晴れてしまう。

その間に約500m付近であ、弱くなって来たって感じる変化が多かった。


つまり昨今局地的な天気の崩れが多い状況でより正確に天気予報をするには1Km単位での予測が必要になるってこと。

ちなみにこの時,適当に距離を言ってるのではなく、高速を走ってたので、道路脇に設置されている位置表示の印を目安にしている。
これはそれぞれの高速が始点(ほとんどは東京や大阪といった大きな都市で、沖縄では那覇)となる場所を0kmとしてどのくらい離れているかを示す数字で、基本的に100m置きに設置されている。そして1Km置きに色が緑色のものに変わる。

ちなみに1Km地点のことを1Kmポストと言ったりする。
なので、もし高速道路でトラブルがあって警察等を呼ぶ時は「上り(下り)の==Kmポスト付近)」と言うと分かってもらいやすいと思う。


posted by たいじゅ@音森の館 at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック













Apple Store(Japan) 




Apple Store(Japan) 








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。