けいおんの秋山澪も愛用のMacはこれ!
MacBookWhite
秋山澪MacBookWhiteを使う


ドクターヘリ North Angelを応援します

沖縄ドクターヘリ サポート団体 MESHのHP
http://www.meshsupport.net/




一台でWindows XP、Vista、Windows7にも対応!
AppleStoreでMacをゲット!!


madeonmac




にほんブログ村 PC家電ブログ Macへにほんブログ村   にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へにほんブログ村

2009年09月19日

上司は何をする?

人の上に立つというのは楽なことではない。


平社員の時は基本的に先輩や上司からの指示に従うことが多いと思う。

細かい所は自分で工夫はするだろうけど基本的に言われた通りにやるのだから
ある意味楽だ。

何かあれば、指示がいい加減だった、フォローが無かったと
不平不満をあげて自分の責任を軽減できるかもしれない。


それはそれで半分は間違いでは無い。




それが人の上に立つ様になると、変ってくる。

部下に指示を出し
状況報告や相談を受け
分析し
問題点を見つけ
改善策を指示する
そしてそれが巧く言っているか逐次確認
以下
状況報告や相談から同じことを目標達成まで繰り返す。


おそらく9割以上こういう感じだろう。

さて、ここでん!?
っと思った方はいるだろうか?






そんなの当たり前じゃん?

と思った?



それだけ???







実はこれはただの「形」だけしか書いていない。


いわゆる一般的な「流れ」であり
言い換えれば常識的なものだ。


別に俺が言いたいのはそんな当たり前のことじゃない。
皆さんもこんなこと言われるまでもなく分かっているだろうし
日頃からやっているだろう。





さて、本題に入ろう。

仕事で部下に部署としての目標を伝え
それを達成する為に各個に目標を与えそれに向かって努力していく。



そこで巧く行かなかった場合。
貴方はどうしているか?


今回俺が気にしているのはここがポイントである。

先述の流れの様に状況を分析し
どこが問題になっているかを確認し
そこをなんとかしろ、そうすれば大丈夫だ。
そんな風に指示してないだろうか?



うんうん、当然だろう?


と頷いている貴方。

もし本当に額面通りこの様なやり方だったらちょっと考え直した方がいい。



貴方がやっているのは、ただのアラ探しだ。


そしてしばらくしてまだ問題が解決できていなければ
貴方は部下を呼んで叱責するだろう。

しかし、それは問題の解決策でもなんでもない。
ハッキリ言っておく。
そのやり方は間違いだ。


そのやり方で簡単にうまくいくのは、元々実力のある、一部の人だけだ。

ほとんどの場合そのやり方では状況はなかなか変えられない。


もしその部下が元々複数の仕事を抱えていた場合

貴方のやり方は、部下を追い込んでいるだけである。
やがて部下は精神的に限界に達し
勤怠や体調などに影響を及ぼすかもしれない。

そして最終的には自分の目標達成は遠くなる。




じゃぁどうすればいいのか?





まずは考え方を変えて欲しい。





問題が起こっている部下に
解決する為に何かをやらせよう、とするのではない。




何が部下の邪魔をしているのか。

それを特定し、その要素を取り除いてあげること


注力して欲しい。



つまり部下に毎日余裕のある日々を送らせる様にするのだ。

その為には部下に与えた仕事を別の人に振り分けたり
仕事を後日に回したり
はたまた無しにすることも有効だろう。



人間時間があると暇を持て余す。


そこで自分達の部署の目標と、現状の比較と示し
どういうポイントを、いつまでに、どこまで向上させないといけないかとう状況説明だけを
熱く説明する。



やる気のある人なら、そういう状況が分かれば自然と自分は何ができるか、どうすべきかを考えるだろう。


そうやって考えたり、行動する時間を与えて欲しいのだ。



時間のある人間は試行錯誤を繰り返し、努力を重ねていく。



無理にやらせるのではない。

本人が自発的に行動するのだ。



そこには上司からのプレッシャーというのは非常に軽くなる。
そして自分で考えて行動した結果で見事目標を達成した時は大いにほめてあげて欲しい。
子供じゃないんだから、などとつまらないことを言ってはダメだ。
そんなことを考えている人は上司としては落第である。
大人でも子供でもほめられれば嬉しいし、モチベーションもあがる。
だから大人でも大いにほめるべきなのである。

そして誉めるべき時はなるべく

他の人の前で大いに誉めること。



そしてその後で食事や飲み会などの場で、改めて誉めた上で
まだまだ伸び白はあると思うが、まだいけるか?
と話しかけてみて欲しい。
そうすれば、本人の余裕がどのくらい余っているか、今ネックとなっている問題は何か
ポロっと話してくれるかと思う。



そうやってまた新たな目標対してまた日々を繰り返していく。







大事なことは


何かをやらせようとすることではなく


何かをやれる環境を与えてあげること

なのである。




直接お客様と接しない上司が給料をもらうのはそういった苦労をすることに対してであると
俺は思っている。












貴方は自分の部下に

余裕のある環境与えてますか??





posted by たいじゅ@音森の館 at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128416963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック













Apple Store(Japan) 




Apple Store(Japan) 








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。