けいおんの秋山澪も愛用のMacはこれ!
MacBookWhite
秋山澪MacBookWhiteを使う


ドクターヘリ North Angelを応援します

沖縄ドクターヘリ サポート団体 MESHのHP
http://www.meshsupport.net/




一台でWindows XP、Vista、Windows7にも対応!
AppleStoreでMacをゲット!!


madeonmac




にほんブログ村 PC家電ブログ Macへにほんブログ村   にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へにほんブログ村

2011年01月17日

難しいもんだな


mamoribito_title_mini360.png

バトルものって主人公がより強い敵に打ち勝つことが魅力なわけだけど、自分で護守一十を書いていて思った。
強さの表現って難しい。

単に必殺技を使わせて敵を倒す、それはすごく簡単で単純なんだけどはっきりってつまらない。
悪い意味で強さの悪循環に陥る。
要はひたすら必殺技の終わり無き応酬となる。

もう特に意味も何も無い。
とにかくただひたすらバカ強い敵を出すだけ。
そしてその敵を倒せるよりバカ強い技でそれを倒す
キリがない。

納得出来る理由なんか無い。より強い。
ただそれだけだ。


じゃぁどうすんだよ、というとそこに納得出来る理由漬けが必要になる。
単に強いのではなく、相手を倒せる理由。

でもそれを考えるのが大変なんだよなぁ・・・・。

特にフィンクションもので超人的なキャラを扱う場合。

俺の護守一十の場合は巡り人というのがいて、聖闘士星矢でいうところのゴールドセイントに近い立ち位置なんだけど
その中で美雪樹というキャラは唯一類い稀な優秀さで女ながらに巡り人として選ばれたという設定。
つまりそれだけ特別な存在という設定にしてある。

そして歴代の護守一十の中で歴史的最強と称される存在として昌邦というキャラがあるんだけど
それに対してどういう表現で個性を出すか。

護守一十の頂点である御門は、聖闘士星矢で言うところのアテナみたいなもんで、その下で各地域の護守一十を統括する宗主は教皇といったところだろうか。
各地域事に宗主はいるので複数で御門に使えておりそれぞれに互いを意識している部分もある。

でも御門も宗主も戦闘能力においては護守一十最強の昌邦には及ばない。
でもそれ以外の面でそれぞれ秀でた力を持っているという感じで、どこか秀でていたら他の面で弱い所を用意するという感じでバランスをとっていこうかと思っている。

要はジャンケンと同じで、最終的に三者三すくみの状態を作る。

そしてドラマとしてはそれぞれの弱い所をうまく突く事でバランスを崩して打ち勝つ、みたいなことをやってみようかと思っている。
この辺はうまく納得いく理由漬けをどう生み出すかが頭の痛い所だけど、逆に頑張りどころでもある。


強いなら強いなりの理由付けをしっかりやれるように工夫してみたい。

というわけで悩みながらも19話を書いてる最中。

さて、いつアップできるのやら・・・・。



posted by たいじゅ@音森の館 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181046891
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック













Apple Store(Japan) 




Apple Store(Japan) 








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。