けいおんの秋山澪も愛用のMacはこれ!
MacBookWhite
秋山澪MacBookWhiteを使う


ドクターヘリ North Angelを応援します

沖縄ドクターヘリ サポート団体 MESHのHP
http://www.meshsupport.net/




一台でWindows XP、Vista、Windows7にも対応!
AppleStoreでMacをゲット!!


madeonmac




にほんブログ村 PC家電ブログ Macへにほんブログ村   にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へにほんブログ村

2013年03月30日

CANON PowerShot SX50HS で オスプレイを撮ってみた

今日は普天間へいってオスプレイを撮ってきた。
以前撮りにいったスポットはあまりにも遠くて、デジタルズーム併用でようやく見えるかどうかという感じだった。
今回は別の場所から撮影。
けっこうよく撮れたので、苦労した甲斐があった。

まずはズラリと並んだオスプレイ。
これはまだ一部。
Osprey_1.jpg

ほぼ正面から。
Osprey_solo.jpg


コクピット付近。
Osprey_solo_2.jpg

プロペラ部分。
折り畳まれてます。
エンジンにはカバーがかかってた。
Osprey_pera.jpg


降りようとしたらおっこちてしまった・・・・。
2mくらいだったのでたいした怪我にはならなかったけど、背中をしたたか打って痛かった・・・・。
手をちょこっと怪我しました・・・。
(T~T)
kega1.jpg

kega2.jpg


やっぱりいい写真を撮るにはまずいいポジション撮りが第一だな、うん。
posted by たいじゅ@音森の館 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

2013年03月29日

うーん、SONY からも 50 倍ズーム機が登場!?

ちょと前に、SONY からも 50 倍ズーム搭載機が発表された。
そのだいぶ前になるけど、富士フイルムからも 同様に 50 倍ズーム機が出ていた。

先駆けである我らが CANON の SX50 HS に対し、後発のこの 2メーカーの追い上げはやはり油断ならない。
で、同等の項目は抜いて、かつ比較可能な項目をいくつか抜き出してみると以下になった。
【有効画素数」
CANON SX50 HS が、1,210 万画素
FUJIFILM FinePix SL1000 が、1,620 万画素
SONY DSC-HX300 が、2,040 万画素

【F値】
CANON SX50 HS が、F3.4〜F6.5
FUJIFILM FinePix SL1000 が、F2.9〜F6.5
SONY DSC-HX300 が、F2.8〜F6.3

【シャッタースピード(スペック上の最大〜最小)】
CANON SX50 HS が、15〜1/2,000
FUJIFILM FinePix SL1000 が、30〜1,700
SONY DSC-HX300 が、30〜1/4,000

【最短撮影距離(マクロのモード切り替え時、レンズ先端より)】
CANON SX50 HS が、0 cm(スーパーマクロ)
FUJIFILM FinePix SL1000 が、1 cm〜
SONY DSC-HX300 が、1 cm〜

【静止画の記録フォーマット】
CANON SX50 HS が、JPEG、RAW、RAW + JPEG
FUJIFILM FinePix SL1000 が、RAW、RAW+JPEG
SONY DSC-HX300 が、JPEG、MPF(3D 静止画)

【動画の記録フォーマット】
CANON SX50 HS が、MOV(画像:H.264 、音声:リニアPCM stereo)
FUJIFILM FinePix SL1000 が、MOV(画像:H.264準拠 、音声:リニアPCM stereo)
SONY DSC-HX300 が、AVCHD

【最高感度】
CANON SX50 HS が、6,400
FUJIFILM FinePix SL1000 が、12,800
SONY DSC-HX300 が、12,800
【液晶 サイズと解像度】
CANON SX50 HS が、2.8インチ 46.1万 ドット
FUJIFILM FinePix SL1000 が、3.0 インチ 92万 ドット
SONY DSC-HX300 が、3.0 インチ 92,1万ドット


【液晶の可動性】
CANON SX50 HS が、縦横へ可動
FUJIFILM FinePix SL1000 が、固定(非バリアングル)
SONY DSC-HX300 が、縦へ可動

【フィルター装着】
CANON SX50 HS が、OK(67 mm 径)
FUJIFILM FinePix SL1000 が、無し
SONY DSC-HX300 が、OK(55 mm 径)

と、かなりスペック的にはSX50 HS を上回っており、かなり悔しい限りだ。
なんせ SONY といえば、放送業界の記録機器のスタンダードといってもよい位置を占める企業でもある。
利用者の口コミはどうなんだろ・・・・・と思っていろいろ検索してみると、SX50 HS と比べると今ひとつシャープさに欠ける画作りらしい。

俺個人としては、富士フイルムと SONY はどっちも大きなリングでフォーカスなどを制御できるのがうらやましいところだ。
ここは次世代機で搭載して欲しい。
他にもいろいろ要望はあるけど、それは CANON のサイトから直接要望を送っておいた。

SX50HSのバリアングルの自由度の高さは特筆もので3メーカーの中で唯一でもあり、俺がずっと CANON 一択の理由でもある。

負けるな、CANON !!!
ろエールを送りつつ、今回はしめくくることにする。
posted by たいじゅ@音森の館 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

PowerShot SX50 HS で撮った写真あれこれ

お気に入りの PowerShot SX50 HS で撮った写真をのっけてみようと思う。



jitensha.jpg


RoadOfStone.jpg


Flower.jpg


Kaigan.jpg

Fancy_Fantasy2.jpg


Fancy_Fantasy.jpg


GoldenLines.jpg

GoldenLines2.jpg





Ospray-1.jpg

Ospray-4.jpg


Ospray-2.jpg


Ospray-3.jpg



マクロで1cmの至近距離から、50 倍ズームで 1Km くらい先の撮影までどんとこいのこの性能。
使っててすごく楽しいコンデジの一つ。
それが PowerShot SX50 HS。

いろいろ組み合わせたいフィルターやコンバージョンレンズなどもあるんで楽しみが増える、増える。
あ、そうだiPhoneで無線レリーズできるグッズもあったなぁ。
今度はどんなの撮ろう??
考えるだけでワクワクしてくる、こんな感じ、すごく素敵だと思う。
posted by たいじゅ@音森の館 at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

PowerShot SX50 HS のRAW撮影機能

PowerShot SX50 HS の魅力の一つは、RAW 撮影が出来る事だ。
実はこのことに気がついたのは購入した後、取説を読んでいた時だった。

一眼レフのデジカメでは RAW 撮影はもはや当たり前の機能だけど、コンデジで RAW 撮影が出来る機種はまだそんなに多くない気がする。
RAW データでの撮影ってどうなんだろう?って興味はあったんだけど実際に扱い機会が無かったのでこれ幸いと思って撮ってみた。

デジカメの一般的なデータである JPEG 画像。
これって、撮影後それぞれのカメラの画像処理でノイズの除去やコントラスト調整や色味の調整などの加工が施され、そして JPEG に 圧縮された結果のものらしい。
撮影してからほんの一瞬でそういった作業を行うのだからデジカメってすごい。
一方で RAW データは、そういった調整、加工がされていない状態のデータということらしい。
つまり撮れたての「生( RAW )」 ということ。

下の画像は、左が RAW データ、右が JPEG。
Mac のプレビューアプリで表示して並べてみたのをスクリーンショットに撮ってみた。
スクリーンショット 2013-03-29 3.15.58.png

先だってのアップデートで、Mac がSX50 HS のRAWデータの再生にも対応したので Quick Loock でプレビューしながら OK テイクを探したりできるのでかなり便利だ。

ただ、RAW データ撮影は オートモードの時は使えず、マニュアル時のみみたい・・・・・。

posted by たいじゅ@音森の館 at 03:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

2012年11月04日

Power Shot SX50HS 記事のまとめ

なんだかんだで好評っぽいPowerShot SX50HS関連の記事。
あのサイズで50倍(1,200mm相当)はそうそう無いもんなぁ。。。。。
ズーム以外の点もなにげにいい感じでCanon技術陣のこだわりを感じさせるいい一台。
少なくとも俺は、買ってよかった♪
って心から思えるひさびさのよい買い物だったと自負してる。


でまぁ、SX50HSに興味のあるほかの方々の参考になるといいな、ってことでこれまで書いた記事をまとめてみようと思う。


●ズームの威力をチェック!
「これが 50倍ズームの威力だ! PowerShot SX50HS」
http://taiju2501.seesaa.net/article/296233556.html



●暗所撮影?
「思ったよりまぁまぁイケるんでない?暗所撮影?PowerShot SX50HS」
http://taiju2501.seesaa.net/article/297318063.html


「PowerShot SX50HSのマクロ撮影」
http://taiju2501.seesaa.net/article/297735550.html


●その他きがついたこと
「ちょっと気づいた事 PowerShot SX50HS」
http://taiju2501.seesaa.net/article/294908254.html


●SX50HSに注目した理由
今度は50倍ズームだぜ!! Canon PowerShot SX50HS
http://taiju2501.seesaa.net/article/293610489.html


●その他 SX50HSで撮影したもの

「こないだの台風の爪痕」
http://taiju2501.seesaa.net/article/297328332.html


他にもあったはずだけど、思い出したらアップします。
気軽にいろいろ撮れる、すっごくいいよ〜PowerShot SX50HS。
posted by たいじゅ@音森の館 at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

2012年10月16日

PowerShot SX50HSのマクロ撮影

キャノンのカメラで(他もそうなのかよく知らない・・・苦笑)俺が気に入ってるのがこの接写機能。
接写だけならほとんどのカメラに搭載されてるから別にどうってことないけど、キャノンのカメラは1cmまで近寄れるスーパーマクロという機能がある。
これがなかなかいい。

でも、俺が前持ってたSX30ISは、通常のマクロとスーパーマクロを切り替えて使う仕様だった。
不器用な俺はその切り替えがスムーズに出来なくてなかなかうまく撮れず苦労した。

で、SX50HSの接写機能を使って アリさん達を撮ってみた。
アリさんは体長1mm くらい。
手持ち撮影なので甘いとこあるけど勘弁。



これ撮ってて気がついたのがスーパーマクロへの切り替え要らないってことなのかな?
意外と簡単に撮れたのでけっこう楽しかった。
こうやって見ると本当、SX50HS一つで日常のほとんどの場面は撮影できちゃう気がする。

買ってよかっった♪
posted by たいじゅ@音森の館 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

2012年10月13日

思ったよりまぁまぁイケるんでない?暗所撮影?PowerShot SX50HS

今日は、第3回目を迎える AUGM OKINAW 2012に行ってきた。
去年はPowerShot SX30ISを持参していったんだけど、ISO感度は標準で最高1600まで、ローライト時は6400までということだけど、1600に上げるとノイズがひどくてかなり泣きをみた記憶がある。

今回のSX50HSはISO感度を6,000まで上げることができた!
でもちょっといきすぎたので4,000に押さえてシャッタースピード優先で1/100位で撮ってみた。
Apertureで情報を確認するとこんな設定だった。
スクリーンショット 2012-10-13 22.18.14.png


この画像はリサイズだけで、画質調整は無し。
IMG_0227_1200.jpg
ちょっとピントあまいな・・・ブレのせいもあるかな。。。。もっと腕あがるようがんばんなきゃ。。。。

ノイズが無いというわけじゃないけど、でもSX30ISに比べるとかなりノイズが抑えられているのがよく分かった。
こんだけ撮れるとけっこう嬉しい。
場所がライブハウス内なので照明があちこちあるのも大きかったけど、前回よりもいい感じで撮れた。
うんうん、キャノンさん感謝、感謝♪

今度は薄明かりのマングローブとかもっと厳しい環境で撮ってみようと思う。
レリーズもそのうち試してみたいなぁ。

うん、買ってよかった♪
posted by たいじゅ@音森の館 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

2012年10月07日

これが 50倍ズームの威力だ! PowerShot SX50HS

Canonが発売したばかりの 高倍率ズームコンデジ
PowerShot SX50HS。

その光学50倍、35mm換算で 1,200 mmに相当するズームの威力をムービーで紹介してみる。
とりあえず今回はズームだけに目的を絞ったので画質は。。。。。。いや、突っ込んじゃだめだってそこは。
うん、単に俺の腕が無いのと面倒だったんでオート任せにしたせいです、はい。。。。
とりあえず見てくれ。
後半はデジタルズーム併用で200倍相当のも。



いつか、テレコン使ってもっとおっきく撮りたいなぁ。。。。。

※ 追記 ムービーの最大ズーム時の画質は、俺の方でエディットしてあります。
単にズーム時に大きくなってる時の状況が分かりやすいように極端に調整しました。
SX50HSのオリジナルの画質じゃありません。
ご了承ください。

posted by たいじゅ@音森の館 at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

2012年09月30日

ちょっと気づいた事 PowerShot SX50HS

ようやく手に入れたPowerShot SX50HS。
今はまだバッテリーの充電中なので、電源は入れてないんだけど手に持った感じとか俺が持っている二世代前のPowerShot SX30IS に比べてけっこう違いがあることに気がついた。


1:ちょうど持つ時に指かかかる部分の質感が違う
  30ISの時にくらべ少しザラついた質感の仕上げになっていて、適度に滑り止めとなっている。
  また、中指〜小指がかかる部分は一段階くぼんでいて指にかかる様になっているので、30ISの様に落ちないよう握りしめるような持ち方をしなくても済む。
  そのせいか、あまり重いという感じがせず、構えるときに無駄な力が入らずに済む。
  これは実際に手にしないと分からなかった点だけど、かなり好感が持てる。



2:大きくなったモードダイヤル
  ON/OFFボタンが内側に来て、外側にモードダイヤルが配置されるという、30ISとは逆の配置にかわったのと同時に、モードダイヤル自体も直径、高さともに少し大きくなって操作しやすくなった。
  ただ、回す時ちょっとかたい感じで抵抗感が強い。
  ま、慣れれば気にしなくなるとは思うけど。



3:コントローラーホイール(ダイヤルリング)が大きくなった。
  30ISの時はホイールが小さくて、MFのフォーカス合わせの時などにいつまで回せばいいんだ〜〜〜!
  ってなるくらい使いにくかったけど、大きくなって回しやすくなった。
  ホイールの中のセレクトボタン部分も機能の配置が一部変更されたのと、望遠鏡みたいなマークが追加されてた。
  なんだろう?と説明書見ると「検索」って書いてあった。後でもうちょっと調べてみようと思う。



4:アクセサリーシューのカバーが無くなった。
  うーん、無いとなんか不安。
  ちょっと濡らしたりしたらショートしたりしないかなぁ・・・?



5:フレーミングアシストボタンがレンズ横に移動された
  30ISの時はちょうど親指のかかるとこのすぐ右横についてたので、持ち直そうとするときなど頻繁に間違えて押してしまって慌てる事があったので嬉しい。
  ちなみにこのボタンを押すと、その間だけ広角になるので被写体を見失った時とかに便利。



6:マイクがアクセサリーシューの前に移動されて、更に小さな穴になった。
  これって音質どうなんだろう?
  こればかりは実際に録ってみないとわからないな・・・・。
  でも見た目なんか不安(苦笑)



7:全体的にボタンの押し込み感がよくなった。
  30ISと比べると、ボタンのバネが違うのか、より深く押し込めるのか分からないけど押し込み感がよくなってちゃんと押したぞっていう感じがして好感触になった。



8:バッテリーカバーにロックが付いた。
  30ISの時は特にロックとか無いので不意に開いて焦る事があった。
  とはいえ、内部でバッテリーはちゃんとロックがあるので落ちたりはしないけど。
  安心感が確実に増す。



9:バッテリーが違う? 
  型番は30ISの時はNB-7Lだったけど、今度はNB-10Lになった。
  でも見た感じ大きさとかは変わらないし、同じ7.4V。
  やっぱり別物で流用できないのかな・・・・?



という感じで全体的にかなり使いやすくブラッシュアップされている感じ。
これだけでも買ってよかったと思える仕上がりだった。

実際の撮影が楽しみ。
posted by たいじゅ@音森の館 at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

2012年09月22日

今度は50倍ズームだぜ!! Canon PowerShot SX50HS

2010年の10月頃、こだわりの末に選んだデジカメが
Canon PowerShot SX30IS
という、光学35倍ズームのコンデジだった。
俺のこだわりである、バリアングルディスプレイ+高倍率ズームに加えて
67mmフィルターにも対応した事が決定打で即購入したのが懐かしい。

その時その35倍ズームの威力をYouTubeに投稿したのがこれ。




あれからもうすぐ2年。
途中で発売された EOS にも興味はすごくあったんだけど金銭的な理由もあり指をくわえてみてただけだった。

で、つい何日か前。
カメラ系イベントでCanonから発表されたのがこれ!

PowerShot SX50HS



なんと光学50倍ズームだ!
焦点距離が24mm〜1200mm!
デジタルズームも組み合わせると200倍までいけるとか・・・・・
もちろん、バリアングルディスプレイに、67mmフィルタ対応なのは健在!
更に暗所撮影時に感度を上げてもノイズがさらに少ないなって話だが・・・・。
こればかりは実際に撮ってみないとわからないな、うん。

で、今回ズームだけでなく気に入ったポイントがある。
それが、EOS用のリモートスイッチ RS-60E3にも対応したってこと!
静物撮りで三脚使って撮るのはいいけど、どうも俺はシャッターの押し方が乱雑らしく、また三脚も安物のせいかブレる・・・・。
仕方がないので、3秒のタイマーをカスタムで設定して撮るという・・・・。
でも50HSなら、このリモートスイッチで撮影できちゃうぞ、っと。
ってことは、サードパーティから出てる、iPhoneをリモートスイッチにするやつも使えるのかも?
と思うとワクワクがとまらない。


その他細かいポイントとしては、デジタル水準器が付いたのは地味だけど嬉しいポイントかも。
後、RAWも対応したらしい。
大容量の高速SDカード用意しなきゃな、なんて規格だっけ・・・・SDHC???


後、Macの画面をよく撮る俺としてはマルチエリアホワイトバランスが興味深い!
パソコンの画面ってどうやら見た目よりも「青」味が強いらしい。
だからJINsPCなどのメガネの効果が高いんだな(うちのオフィスに導入しました。今度自分用に度入りのやつ作る!)
話が逸れちゃった・・・・。
液晶の青みがかった画面を補正するためにオートでホワイトバランス調整されると、Mac本体のアルミの銀色とか机の白い部分が赤っぽい(アンバー?)感じになってしまう。
いつも画面だけ切り抜いてボディとか机とかの赤っぽいのをレッッチしてまた合成してっていう面倒な作業やって画像をアップするんだけど、動画だともうやってらんない。固定だといいんだけど手持ちだとね・・・。

んでこのマルチエリアホワイトバランスは画像を多数エリアに分割してそれぞれの情報から最適なホワイトバランスに調整してくれるそうで、Canonの製品ページの画像を見る限りではかなーり使えそう!!


と、いうわけでこんだけいいやつなら買うしかないっしょ!
ってなわけで予約しました!
発売は9/27ということなので配送の日数考えると、順調にいけば10月頭には手元に届く予定。
また動画アップして50倍ズームの威力をみんなにも伝えます!

乞うご期待!

うーん、iPhone5も予約すみだし楽しみがいっぱいw
ドキドキ♪

posted by たいじゅ@音森の館 at 08:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

2012年03月17日

恐るべき解像度!4Kの威力!

System5さんがYouTubeにアップされている動画がとんでもない!

HDの4倍の解像度である通称 4K
この化け物な解像度で撮影できるのがGY-HMQ10という機種らしい。

そのカメラで撮影したムービーらしいがそのままじゃデータ容量が桁違いになってYouTueでアップすらできないので純正のツールなどを活用してアップしたらしいが。。。。。。


とんでもねぇよコレ!

システム環境設定SNZ.002.png

System5さんがアップしているムービーはこっち。





俺は Apple のLED Cinema Display というのを普段愛用しているんだけど、コイツの最大解像度は 1920×1200
ちなみに画角は24インチだ。
1インチ辺り、80×50ピクセルになる。
つまり、80×50 = 4000 ピクセル表示が可能。

1インチは約2.54cmらしいので
1センチに直すとおおまかな計算だが約30×20ピクセル。
つまり、画角1センチ辺り 600 ピクセルの点が詰まっていることになる。

このディスプレイで拡大してたらここまで大きくしても画面が荒れたという感じが全然しない!

ちなみに、通常のサイズで表示させた時はこんな感じ。


システム環境設定SNZ.003.png


分かるかな、この違い?
これどっちも同じ画面、一部じゃなくて全く同じディスプレイの画面を丸ごとキャプチャしてあるので条件は全く同じ。

今度は並べてみよう。

システム環境設定SNZ.002.png システム環境設定SNZ.003.png

左側の映像の元サイズは右側に表示されている部分。
こんなに拡大しても平気。
それが 4K の解像度。

そん先には9Kとか16Kとか出てくるのかな?

Apple の Ratina Display くらいきれいなのが当たり前の世の中になったら、写真集クラスの画質で映像が楽しめる時代になるのかもしれない。

とりあずは iPad3 でそれに近い世界を楽しむことにしようと思う。


posted by たいじゅ@音森の館 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

2011年03月06日

Canon PowerShot SX30 IS を持って出かけてみた

今日はすごく天気が良かったので、SX30 IS を持って出かけて来た。
沖縄の主要幹線道路である国道 58 号線、通称ゴーパチを走って最初に着いたのは恩納村の道の駅。
Google Map だとこの辺り

横に大きな池みたいのがあるんだけど、ここは湿地帯で塩水と川の水が混じっているところ。
マングローブが生えている。


沖縄の学校ではマングローブで生き物の観察をする授業が小中高のどこかで必ず一回はある。
その時の記憶を思い出しながら階段を下りて泥まじりの地面へ。

IMG_1082.JPG 泥まじりの地面と抜ける様な青空の対比が気持ちいい。
右側に見える緑がマングローブ。
泥地にしか生息しない植物で、様々な生き物達の生息地。



他の写真やムービーを見たい人は 続きを読むをクリックしてください。
続きを読む !!
posted by たいじゅ@音森の館 at 02:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる

2011年02月27日

PowerShot SX30 IS フィルター使ってみた

Canon PowerShot SX 30IS を購入して数ヶ月が過ぎた。

ハッキリいって買ってよかったと思う♪

対抗馬の FUJIFILM FINEPIXHS20 EXR も非常にいいカメラで後で存在を知ってけっこう心動かされた部分も有った(笑)
HS20 はやはり手動でズームが出来るって部分が一番の魅力だ。
その他のスロー撮影とか他にも魅力はある。


でもそれでも俺がPowerShot SX30IS にこだわったのはやはり 35倍ズームとバリアングルディスプレイ、そして なによりフィルタを装着出来る様になった、という3つのポイントだ。

沖縄に住んでいる俺にとって海はやはり好きな場所の一つだ。
幼い頃はよく親父に連れられて泳ぎにいった。

大人になった今はほとんど泳ぐ事はしてないんだけどSX30IS用の水中ハウジングがあれば潜ってみたいなぁと思ったりもする。

SX30IS_FilterAdapter_2.jpgさて、SX30 IS の最大の魅力の一つであるフィルターは専用フィルタアダプタ(67mm)を介して各種フィルタを装着する。



SX30IS_FilterAdapter_3.jpgこのフィルター、純正フードとは装着する為の勘合部が同じ場所なのでどちらか一つしか装着出来ないのが痛い。



SX30IS_FilterAdapter_4.jpg 大きくするとこんな感じ。
ちょっと分かりにくいかもしれないけど、クリックすると別画面で拡大されるのでほぼ同じ作りなのが分かると思う。
それぞれちょうど上面部分が勘合部になる。





【 続き を読む 】
posted by たいじゅ@音森の館 at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
pingkingに追加 このエントリーをPingKingのマイポッケに入れる













Apple Store(Japan) 




Apple Store(Japan) 








広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。